大規模修繕工事

  1. リニューアル・リノベーション
  2. 建物各部位の改修適正時期
  1. 大規模修繕工事プロセス
  2. コンサルティング/調査・診断
  1. 大規模修繕工事
  2. アフターメンテナンス

大規模修繕工事プロセス

1.建物調査・診断

お客様からのご依頼後、専門スタッフがご要望内容に応じてマンションの調査・診断を行います。

↓
イメージ

2.調査報告書・見積書作成

調査結果から仕様・工法を決定。調査報告書・概算見積書を作成します。

↓
イメージ

3.各種ご提案

マンションの立地条件やお客さまのご要望をもとにベストな計画を立案します。
当社はカラープランニングによる色彩提案も行います。

↓
イメージ

4.説明会・打合せ

お客様に対して調査結果の報告、補修内容・工法の説明を行い施工範囲・工事予算を決定します。

↓
イメージ

5.業者選定・契約

見積書の内容及び金額、施工能力、施工実績、会社信用度等に基づいて、施工業者を選定して頂き、契約を行います。

↓
イメージ

6.工事説明会

どの様な工事が行われるかということと、各部屋に関係する内容を説明します。
主にベランダの出入り、洗濯物等の制限について説明します。

↓
イメージ

7.工事着工

施工計画書に基づき着工します。より良い工事にする為にも工事途中において、
お客様と定期的且つ密な打合せが必要となります。

↓
イメージ

8.社内検査

工程の完了毎に仕様書に照らし合わせてチェックを行います。

↓
イメージ

9.合同検査

当社と管理組合、またコンサルタントがいる場合はコンサルタントと3者合同で
各施工面毎に下地検査、仕上検査を行います。

↓
イメージ

10.竣工検査

工事完成後、最終的な再検査を前述の3者合同で行います。

↓
イメージ

11.完成・引渡し

建物と完成図書のお引き渡しを致します。

↓
イメージ

12.アフターメンテナンス

引渡し後も1年目、3年目、5年目、7年目、10年目に当社スタッフが定期点検を行います。

コンサルティング/調査・診断

大規模修繕工事を有意義なものにする為には、まず建物の現状をいかに的確に把握するかにかかっています。

当社ではお客様の建物を細部にわたって調査・診断を行います。その結果をもとに建物全体のトータルバランスを考慮し、外壁改修工事での躯体補修や、防水、シーリング、吹付・塗装、などのリニューアルの為に必要不可欠な最良の工事プランをご提案致します。

専門教育を受けた当社スタッフが調査・診断を行います。

イメージ

ひび割れ調査

建物のひび割れの状態(ひび割れの長さ、ひび割れ幅、分布状況)を調査し、構造上問題がないか、漏水の危険性がないかなどを、調査します。その上で、最良の工法をご提案致します。

イメージ

浮き調査

目視では判断しにくいモルタルやタイルの浮きの状態を打診棒を用いて調査します。
モルタル・タイルの剥落防止の為の最善の工法をご提案致します。

イメージ

爆裂・欠損部調査

コンクリートやモルタルの爆裂・欠損部を調査します。
劣化状態により、最良の補修方法をご提案致します。

イメージ

漏水状況調査

漏水している箇所があればその漏水の状況を把握した上で、その漏水の原因を追究し、
漏水を止める為の最善の工法をご提案致します。

以上が一般的に行われる調査になります。
更に建物の状況を正確に把握する為には次の様な調査を行います。

イメージ

コンクリートの強度測定

鉄筋コンクリートの構造耐力・耐久性に大きく関わるコンクリートの強度について、シュミットハンマーを用いて測定します。その結果から建物に補強が必要であれば耐震補強等のご提案を致します。

イメージ

付着力測定

タイル、モルタル、塗膜の付着力を測定し、各部位がどれだけ劣化しているか、より正確に把握する事が出来ます。その上で、どの様な改修工法が必要なのか、最良の工法をご提案致します。

イメージ

コンクリートの中性化診断

建物のコンクリートの一部を抜き取り、外気と接しているコンクリートの中性化がどれだけ進行しているかを
診断します。

居住者様へのお知らせ
工事進捗情報サービス 株式会社KBM
事業案内 弊社の実績と経験
施工実績